アメリカンホリデーズ

2024年06月13日

ハワイでフォトウェディングを叶えよう!フォトウェディング会社で手配したらチップは必要?

ハワイ​​に渡航する際にレストランやタクシーなどでチップが必要なのは知っているものの、フォトウェディングの場合は分からないという方も多いのではないでしょうか。日本では馴染みのない文化ですが、知らないとマナー違反となるため注意が必要です。

今回の記事では、フォトウェディング会社で手配した場合のチップについて詳しく解説します。ハワイでフォトウェディングを行う予定がある方は、ぜひ参考にしてください。

 

ハワイのチップ文化

チップは受けたサービスへの対価として、商品自体の料金とは別に支払うお金のことです。国や地域によってチップの必要性は異なりますが、特にアメリカでは重要な収入源となります。チップをもらえることを前提に給与が低く設定されているため、サービスを受けた際は支払わなければなりません。

ホテルやレストラン、タクシーなど、滞在中にチップを支払う場面は数多くあります。チップを払わなかったり、相場よりも大幅に低い金額を渡したりするのはマナー違反なので、情報を把握したうえで渡航するようにしましょう。

 

フォトウェディング会社で手配した場合もチップは必要!

フォトウェディング会社で手配した場合も、チップを支払う必要があります。具体的には、ドライバーやメイクスタッフ、カメラマンなどです。ハワイでのフォトウェディングをサポートしてくれる人たちなので、感謝の気持ちをこめてチップを渡しましょう。なお、チップの目安は一人あたり20ドル程度です。

ただし、フォトウェディングだけでなく、挙式で牧師に誓いを立ててもらう場合は注意が必要です。牧師にお金を渡すのは、失礼に当たるケースがあります。渡すべきか迷う場合は、申し込んだフォトウェディング会社に相談しましょう。

 

ハワイのフォトウェディングでチップを渡すときのマナー

チップ文化がある国や地域に行くときは金額や渡す場面だけでなく、渡し方も把握しておく必要があります。下記では、ハワイでチップを渡すときのマナーを紹介します。

 

ポチ袋などに紙幣を入れて渡す

フォトウェディングでチップを渡す場合、現金そのままの状態は好ましくありません。あらかじめポチ袋など、小さめの袋にお金を入れておきましょう。なお、チップは紙幣で渡すのがマナーです。コインは受け取る側がしまいづらいため、失礼にあたります。フォトウェディング以外でもチップを渡す場面は多くあるので、紙幣を多めに準備しておくと安心です。

 

サービスを受け終わった後に渡す

チップはサービスに対する感謝の気持ちを伝えるために渡します。そのため、サービスを受け終わった際に渡すのが一般的です。ドライバーであれば車から降りるとき、メイクスタッフであればメイクが終わったときがベストタイミングとなります。感謝の言葉を添えて笑顔でチップを渡すと、受け取る側も嬉しいはずです。

 

アメリカンホリデーズのフォトウェディングプラン

アメリカンホリデーズではお客様に理想のフォトウェディングを実現できるように、さまざまなプランをご用意しています。中でも特に人気なのが、「オリジナルビーチフォトプラン」です。以下のオプションがすでに含まれているため、安心して申し込むことができます。

 

  • ビーチ撮影
  • 衣装
  • 新婦ヘアメイク
  • データ
  • 小物
  • 送迎

ハワイの美しいビーチを背景に二人の姿を写真に収められるので、ハネムーン旅行の記念にもなります。ビーチだけでなく、ハワイの有名な観光スポットで撮影することも可能です。ダイヤモンドヘッドやカカアコタウンなど、ハワイには魅力的な場所が数多くあります。また、撮影と挙式ができるプランもご用意しており、リーズナブルにハワイ挙式を実現できます。

 

チップ文化を理解したうえでハワイのフォトウェディングに臨もう

日本には馴染みがありませんが、ハワイにはチップ文化があります。フォトウェディング会社で手配した場合も、チップは必要なので注意しましょう。ドライバーやメイクスタッフ、カメラマンなどに対して、サービスが終わったときに渡しましょう。

フォトウェディングでチップを渡す際は、ポチ袋などの小さな袋に入れるのがマナーです。一人あたり20ドルが相場で、紙幣で渡す必要があります。フォトウェディング以外にもチップを渡す場面は出てくるので、紙幣は多めに持っておくと便利です。

アメリカンホリデーズでは、お客様のご希望に添えるようさまざまなプランを用意しています。これまで25,000組以上の撮影実績があり、海外でのフォトウェディングに不安を抱えている方でも安心してご依頼頂けます。理想のフォトウェディングを実現しますので、ご興味のある方はぜひ一度お気軽にご相談ください。

 


お問い合わせ
電話で問い合わせる