アメリカンホリデーズ

2024年06月25日

ハワイでのフォトウェディング ビーチフォトで後悔しないためのポイントについて解説

憧れのハワイでのフォトウェディングを計画する際「後悔は残したくない!」と考えることは当然です。

後悔しないようにすることはもちろん、期待以上の思い出を残すためには、事前準備が重要な鍵を握っています。そこで今回は、ハワイでのビーチフォトで後悔しないポイントをリサーチ!チェックポイントを5つご紹介していくので事前準備の参考にしてくださいね。

 

ポイント1)撮影日を平日にチョイスする

観光で訪れた方だけでなく、地元の人たちも海水浴やBBQパーティーなどでビーチを利用します。週末や祝祭日には、多くの人でビーチが賑わうことも珍しくありません。

ビーチでの撮影を「めいいっぱい楽しみたい!」、「ゆったりした撮影を楽しみたい」と思うなら、平日の撮影を予定することがおすすめです。

 

ポイント2)動きやすいドレスをセレクト

結婚式場のバージンロードを歩くなら、ボリュームがあるものや重厚感のあるデザインを好む人も少なくありません。しかしビーチでの撮影なら、エアリー感のあるものや軽い印象のシルエットの方が動きやすく、雰囲気にマッチすることも多いです。

ビーチサンダルやお揃いのスニーカーなど、足元が見えるようなポーズで撮影するのも、ハワイでのビーチ撮影で人気のショットです。

アメリカンホリデーズなら、追加料金なしの基本プランに約200着のドレスをご用意しています。たくさんあるデザインの中から、砂浜を移動することも視野に入れて動きやすいデザインをチョイスできますよ♡

 

ポイント3)ビーチ撮影を意識したヘアメイクを依頼

当然のことながら、ビーチは自然の中での撮影のため、思った以上に風が強いことも考えられます。“強い風でヘアスタイルが崩れそう・・・”という不安を無くすためにも、ダウンスタイルなど軽やかなシルエットを依頼しておくと良いでしょう。

『どうしてもこのヘアスタイルがいい!』というこだわりがある場合も、希望するタイルがビーチ撮影で叶えられるかどうか、相談しておきましょう。アメリカンホリデーズは日本人のスタッフも現地でサポートにあたるため気持ちを伝えやすく、安心です。

 

ポイント4)日焼け対策を入念に!

撮影前日にビーチでのアクティビティを楽しむこともあるでしょう。その際、日焼け対策を入念におこなっておくことがおすすめ。日焼けのあとが痛むと、ビーチフォトを万全に楽しめない可能性があるためです。

また、撮影当日の日焼け対策も忘れてはなりません。ウェディングドレスは肌の露出が多く撮影時に日焼けする可能性が高いです。撮影後もハワイを楽しめるよう、日焼け止めをしっかり塗っておきましょう。

 

ポイント5)撮影の時間帯をチェック

ハワイのビーチは、日中なのか、サンセットなのかなど、時間帯によって雰囲気が異なります。また、季節によっても太陽の傾きが異なり、同じ時間の撮影でも写真の仕上がりは大きく変わってきます。

最近ではSNSなどで先輩カップルのリアルな写真をチェックできるため、どんな写真を残したいのかをお二人で相談し、イメージしておきましょう。

なお、イメージ通りのショットを残すためにも現地を知り尽くしているカメラマンや撮影会社への依頼がおすすめです。

 

まとめ:ハワイでのビーチフォトは事前準備が後悔を残さないポイント

今回は、ハワイでのフォトウェディングの中でも、ビーチでの撮影で後悔を残さないポイントについてご紹介しました。

また、ご紹介したチェックポイントの他にもハワイのビーチは“どこでも撮影できるわけではない”ことも把握しておきましょう。ハワイのビーチの中にはウェディング撮影を含む商業活動での利用を禁止しているビーチもあります。

安心して撮影を楽しむためにも、フォトウェディングはもちろん現地の状況を熟知しているプロへ依頼することがおすすめです。

私たちアメリカンホリデーズなら約25,000組以上の撮影をサポートした経験から、後悔を残さないフォトウェディングをご案内できます。私たちと一緒に思い出深いビーチ撮影を残していきましょう♡ぜひご相談くださいね。


お問い合わせ
電話で問い合わせる