アメリカンホリデーズ

2024年07月08日

後悔しないハワイフォトウェディング!サンセット撮影の成功の秘訣について紹介

ハワイフォトウェディングのビーチ撮影では、サンセットの時間帯も人気があります。しかし、日が沈むと撮影できなくなるので、事前に注意点を押さえておくことが大切です。

そこで今回の記事では、サンセット撮影の成功の秘訣について詳しく解説します。ハワイフォトウェディングで後悔しないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

 

ハワイのフォトウェディングでサンセット撮影が人気の理由

ハワイのフォトウェディングでは青い海と白い砂浜を思い浮かべる方が多くいますが、サンセット撮影も非常に人気です。下記では、ハワイフォトウェディングでサンセット撮影が人気の理由について詳しく解説します。

 

ロマンチックな写真を残せる

サンセットが始まると、空と海がオレンジ色に染まります。日中の青い海と白い砂浜とは異なり、ロマンチックなシチュエーションでの撮影が可能です。1分1秒ごとに空の色が変化し、映画のワンシーンを切り取ったような写真に仕上がります。

 

貴重な体験ができる

サンセット撮影は、どのビーチでもできるわけではありません。夕日が沈む西向きのビーチでのみ、サンセット撮影が可能です。また、太陽が出ていない雨や曇りの日では、綺麗な夕日が見れないこともあります。このように、サンセット撮影は場所や時間帯、天候の条件が揃わないと実現できないため貴重な体験となります。

 

逆光と順光両方の撮影ができる

サンセット撮影では、逆光と順光両方の撮影ができるのも人気の理由です。逆光の場合は、サンセットを背景に2人のシルエットが写ります。また、向かい合うショットやキスショットなど、日中では恥ずかしいような写真を撮ることが可能です。

順光の場合は、手をつないで海辺を歩く写真や2人で楽しそうに話している写真が人気です。サンセット撮影はスケジュールの最後に行うケースが多く、より自然体の姿を収められるでしょう。

 

ハワイフォトウェディングでサンセット撮影を行うときの注意点

ハワイフォトウェディングでサンセット撮影を行う場合、夕日が沈んでしまうと写真が撮れなくなります。後悔しないために以下の注意点を押さえたうえで、サンセット撮影に臨むようにしましょう。

 

季節によってサンセットの時間が変わる

ハワイの日没時間は季節によって異なります。6.7月が19時頃と最も遅い一方で、11月12月は18時頃となります。サンセットのゴールデンタイムは日没の30分前と言われているため、時間を考慮したうえで撮影スケジュールを決めましょう。

 

撮影できる時間が短い

サンセット撮影は夕日が沈むまでと時間が限られているので、ポーズを事前に決めておく必要があります。何も決めていない状態で臨むと、失敗で終わるリスクが高まります。また、時間とともにビーチの雰囲気も変わるため、明るいときに撮っておきたい写真がある場合はカメラマンに伝えておきましょう。

 

アメリカンホリデーズならビーチフォトウェディングでサンセット撮影が可能

アメリカンホリデーズでは、オリジナルコースやスペシャルコースにサンセットフォトオプション(69,000円〜)を追加いただけます。1日1組限定の人気プランであり、日中とは異なるロマンチックな雰囲気の中でフォトウェディングを行うことができます。サンセット撮影だけしたい場合は、単体でのお申し込みも可能です。

https://american-holidays.jp/original/sunset_photo/

アメリカンホリデーズではこれまで25,000組以上の撮影実績があり、ハワイでのフォトウェディングに不安を抱えている方でも安心してご利用いただけます。プロの日本スタッフが対応いたしますので、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

 


お問い合わせ
電話で問い合わせる