アメリカンホリデーズ

2024年07月09日

ハワイフォトウェディング!まぶしさや強い日差しの中の撮影を失敗しないコツ

ハワイフォトウェディングの失敗例に、「日差しが強すぎて目が開かなかった」というケースがあります。絶景を写真に収められる一方で、全て眩しそうな顔になっていたと後悔する方は多いです。

そこで今回の記事では、ハワイフォトウェディングに向けてまぶしさや強い日差しの中での撮影を失敗しないコツについて詳しく解説します。意外と見落とされやすい失敗例なので、対策したうえでハワイフォトウェディングに臨みましょう。

 

ハワイの日差しは日本よりも強い!

常夏のハワイは、日本よりも日差しが強いと言われています。日中はまぶしすぎて、サングラスがないと目が開かないという方も少なくありません。特に夏の5月以降はより一層日差しが強くなるため、日中に撮影する場合は対策が必要です。

対策せずにハワイのフォトウェディングに臨むと、「全部まぶしそうな顔になってしまった」「日焼けした」と後悔する可能性が高くなります。

 

ハワイフォトウェディングの撮影で失敗しない2つのコツ

ハワイにはフォトウェディングにぴったりなスポットが数多くある一方で、日中に撮影する場合は対策が必要になります。下記では、ハワイフォトウェディングの撮影で失敗しないコツを2つ解説します。

 

午前中または夕方に撮影する

ハワイフォトウェディングは、午前に行うのが最もおすすめです。日差しが強すぎず、自然な表情で撮影してもらえます。午前中に撮影が終われば、午後からハワイ観光を楽しむことも可能です。その他、午前中はビーチに人が少ないため、スムーズに撮影が進みやすいこともメリットとして挙げられます。ただし、午前中は一番人気の時間帯なので、早めに予約しましょう。

午前中に予約できなかった場合やロマンチックな雰囲気の中で撮影したい場合は、夕方の時間帯がおすすめです。正午ごろよりも夕方の方がまぶしさが抑えられるので、日差しの強さによる失敗を防ぐことができます。

 

後ろ姿や目をつぶる姿を撮ってもらう

日中に撮影する場合は無理に目を開けるのではなく、他のショットで紛らわせる方法がおすすめです。後ろ姿やあえて目をつぶっている姿を写真に収められれば、「失敗した…」と後悔することもなくなるでしょう。

 

日差しの強いハワイでフォトウェディングを行うときにしておくべき対策

フォトウェディング中は、ハワイの日差しを浴びるため日焼けや汗対策が必要です。日焼けしすぎて体が痛くなったり、メイクが落ちたりする可能性があるため注意しましょう。

 

日焼け止めは必ず塗る

ハワイの日差しは日本よりも数倍強く、少し屋外にいるだけで肌が真っ赤になってしまう人もいます。痛くなったり、皮が剥けてしまったりすることもあるので、必ず日焼けを塗ったうえでフォトウェディングに臨みましょう。

ただし、外国製の日焼け止めは成分が強く、肌荒れを起こしてしまう可能性があります。できるかぎり、日本で購入した日焼け止めを持っていくのがおすすめです。

 

メイクはウォータープルーフを使用する

ウェディングドレスはハワイの気候だと暑く感じるため、たくさん汗をかく可能性があります。汗でメイクが崩れないように、ウォータープルーフのコスメを使用しましょう。汗拭きシートや制汗剤なども持っておくと安心です。

また、脇の下の胴回りを圧迫すると、汗が止まりやすくなると言われています。できるかぎり汗をかきたくない人は、ウェディングドレスを着る際に少しきつめに締めるのがおすすめです。

 

強い日差しの中でもハワイフォトウェディングを成功させよう

ハワイフォトウェディングは絶景を背景に撮影できる一方で、強い日差しを浴びることになります。「まぶしくて目が開かなかった」「全部まぶしそうな顔になってしまった」と後悔する人も多いため、午前中の撮影がおすすめです。

ロマンチックな雰囲気を写真に残したい場合は、サンセットの撮影プランを選択しましょう。日中に撮影することになったら、後ろ姿や目をつぶっている姿を撮ってもらいましょう。無理に目を開けると写りが悪くなり、失敗するリスクが高まります。

アメリカンホリデーズでは25,000組以上の実績があるため、まぶしい環境下でも自然な姿を撮影できます。欲張りビーチフォトプラン(89,000円〜)やスペシャル2ロケ(89,000円〜)では、ビーチに加えてホテルやパークなどご希望の場所をご選択いただけます。専門スタッフがお客様に合ったプランをご提案しますので、ぜひお気軽にご相談ください。


お問い合わせ
電話で問い合わせる