アメリカンホリデーズ

2024年07月10日

時間がなくてもすぐ実践できる!ハワイフォトウェディングで当日後悔しないポイントについて解説!

ハワイフォトウェディングは挙式よりも準備が短期間で済みます。しかし、全く準備せずに臨むと後悔することもあるため注意が必要です。

そこで今回の記事では、時間がなくてもすぐ実践できるハワイフォトウェディングで当日後悔しないポイントについて詳しく解説します。最低限準備しておくと、失敗するリスクは抑えられるでしょう。ハワイフォトウェディングは一生に一度なので、後悔しないよう参考にしてみてください。

 

当日後悔しない!ハワイフォトウェディングで押さえておくべき5つのポイント

ハワイフォトウェディングで最も重要なのが、体調管理です。体調が悪くなってしまうと良い写真が撮れなくなるどころか、その後の滞在も楽しめなくなってしまいます。下記では、ハワイフォトウェディングで当日後悔しないためのポイントを5つ解説します。

 

時差ぼけ対策をしっかりする

日本とハワイの時差は−19時間で、フライト時間は7〜9時間もあります。体への負担が大きくなるため、体調不良が起こりやすいです。また、時差ぼけになると、フォトウェディング中に眠気が来て集中できない可能性もあります。

時差ぼけ対策は、日本からハワイへ向かうときからスタートします。日本からハワイへ行く飛行機は夜出発して、現地の朝に到着するケースがほとんどです。そのため、行きの飛行機はできるだけ寝て、現地に着いたら日中は活動的に過ごしましょう。

 

日焼け対策をしっかりする

ハワイの紫外線は日本よりも強いため、日焼け対策も必要です。ハワイに着いてから日焼け止めを塗らずに過ごすと、肌が真っ赤になった状態でフォトウェディング当日を迎えてしまうこともあります。撮影した写真は一生残るので、日焼け対策は徹底的に行いましょう。

 

笑顔の練習をしておく

フォトウェディング当日までに、鏡を見ながら笑顔の練習をしておきましょう。さまざまな表情を作っていくうちに、自分に合った表情が分かるようになります。2人で笑顔を作り合って、どの角度が一番綺麗に見えるかチェックし合うのもおすすめの方法です。

 

撮影のポーズを決めておく

フォトウェディングのポーズを決めておくと、撮影がスムーズに進みやすくなります。中でも以下のようなポーズが人気です。

  • 歩きショット
  • バックショット
  • ソロショット
  • 寄り添いショット
  • ハグショット

撮影が始まったばかりの頃は、緊張していてポーズのことまで考えられない人が多いです。希望のポーズはカメラマンに伝えておくことで、当日あたふたせずに済みます。「このポーズで撮っておけばよかった」と後悔するケースも少なくないので、事前にしっかり調べておくことをおすすめします。

 

理想のヘアメイクのスクリーンショットを撮っておく

ハワイフォトウェディング当日に、理想のヘアメイクにならなかったと後悔するケースがあります。言葉だけではイメージが伝わりにくく、認識のズレも生じやすいです。そのため、お気に入りのヘアスタイルやメイクを見つけたら、スクリーンショットを撮っておきましょう。ヘアメイク担当に画像を見せることで、失敗するリスクが最小限に抑えられます。

 

万全な状態でハワイフォトウェディングに臨もう

ハワイフォトウェディングは準備期間が挙式よりも短く、新郎新婦の負担を抑えて行うことができます。しかし、何もせずにハワイフォトウェディングに臨むと、失敗するリスクが高まるため最低限の準備は必要です。

時差ぼけ対策や日焼け対策などは、忙しくて時間がない方でも実践しやすいです。ハワイフォトウェディングを依頼する会社が決まっていない場合は、ぜひアメリカンホリデーズにご相談ください。

お客様のご希望に合ったプランを専門スタッフがご提案いたします。ビーチでの撮影を楽しみたい場合はオリジナルビーチプラン(69,000円〜)、複数のロケーションで撮影したい場合は欲張りビーチフォトプラン(89,000円〜)がおすすめです。理想のハワイフォトウェディングを実現できるので、ぜひ一度お気軽にご相談ください。


お問い合わせ
電話で問い合わせる