アメリカンホリデーズ

2021年11月22日

海外フォトウェディングの失敗談を解決策と共にご紹介!失敗しない為の事前準備を!

ハワイウェディング

海外フォトウェディングは、一生に一度のビッグイベント。
解放感のあるハワイやヨーロッパでのフォトウェディングは、いつもとは違う景色と空間で憧れますよね。

最高の瞬間を納めた写真を見ながら、夫婦水入らずの時間を過ごしたり、見る度にこの人と結婚してよかった!と思えるようなワンシーンを眺めたいものです。

でも、経験者の話を聞いてみると出てくる失敗談の数々。「もっとしっかり事前に調べておくべきだった。。。」との後悔の声もよく耳にします。

海外フォトウェディングを考えているあなたが同じような失敗をしないために、今までよくあった失敗談とその解決策をあわせてご紹介させていただきます。

よくある失敗談とその解決方法

  • 1.フォトウェディングの格安プランについて
  • 2.フォトウェディング会社の選び方
  • 3.イメージ通りの写真を撮るためにすること

失敗談1.フォトウェディングの格安プランについて

結婚するのにもお金はかかるし、できるだけリーズナブルなプランを選びたいですよね?

しかし!格安プランにはこんな落とし穴も?

  • ・選べるドレスの数が少ない
  • ・「レンタルより購入が安い!」と自前のドレスを購入して予算オーバー
  • ・写真の枚数制限があって満足のいく写真が撮れなかった

そんなことないでしょ~と思うかもしれませんが、これは結構卒花さんの失敗談の中ではあるあるネタ。
ではどうすればいのでしょうか?

解決策

価格だけに惹かれて選ぶのはやめましょう。選んだプランには何が含まれるているのか、いないのかしっかり確認することが大切です。

まずは、お二人の希望の衣装があるかまた撮影枚数の制限の有無など自分たちの要望に近いプランを担当者に伝え、出来ること出来ないことを事前に確認しましょうね。

失敗談2.フォトウェディング会社の選び方

フォトウェディング会社のホームページに掲載されている写真を決め手にする人も多いですよね。

しかし実際その場に行ってみると、ホームページに掲載されていた雰囲気とは違った景色が広がっていたなんてこともあるようです。

天候や角度、また撮影した日が数年前のものだったりする可能性もあるのでその写真だけで依頼会社を判断しないように注意しましょう。

解決策

現地に到着してから慌てることがないよう、ホームページに掲載されている写真の場所をSNSでチェックすることをおすすめします。

その場所で撮影したカップルのInstagramやFacebookをチェックすることで、リアルタイムの写真を調べることができます。ホームページのイメージ写真とどれくらい差があるのかないのか確認しましょう。

失敗談3.イメージ通りの写真が撮れなかった

自分のイメージ通りの写真が撮れなかった。。と後悔が残る方もいらっしゃいます。

イメージしていた通りのアングルや背景で撮れず、仕上がりをみてみたら涙が出てしまうほど残念な仕上がりだったなんてこともあります。打ち合わせで伝えていたはずなのに、カメラマンに自分のイメージが全く伝わっていなくて悲しい思いをされてしまった花嫁さんもいるようです。

解決策

プロのカメラマンであっても口頭だけだと曖昧なイメージのまま伝わってしまうため、自分のイメージに近い画像を保存したり印刷して目に見える形にしましょう。

また、担当するカメラマンさんがどんな写真を撮影しているのかを検索してみるのもいい方法といえるでしょう。

プロのカメラマンですが、それぞれ個性があるので自分のイメージの写真を撮影してそうなカメラマンを見つけることも大切です。

まとめ

最高の瞬間を残すため、まずはお二人の希望をしっかり話し合いましょう。

曖昧なまま打ち合わせをしてしまうと、担当者からの色々な提案に迷いがでてしまいます。
どのような衣装が良いのか。また、ヘアメイク、予算、撮影場所などをすり合わせることが非常に大切です。

こんなはずじゃなかったのに、、と絶対に後悔したくない!そんなあなたには、プラン数が業界最大級の“アメリカンホリデーズ”がオススメです!

リーズナブルな価格とスタッフの質が魅力で、親身になって憧れの海外フォトウェディングを最高のものにしてくれること間違いなし。

ふたりだけの最高のフォトウェディングを叶えてくださいね!