アメリカンホリデーズ

2022年01月06日

フォトウェディングは自作orプロ?メリットとデメリットを徹底比較!

賑やかながらの壁の前で撮られたウェディングフォト

フォトウエディングを自分たちで撮影するカップルが増えていますが、実はハワイでのフォトウェディングもセルフ撮影で作ることができます。プロのフォトウエディング専門店に依頼する方が手間もかからず便利ですが、ふたりで協力して完成させる自作のフォトウェディングも気になりますよね?今回は、フォトウェディングをカップルで自作する場合とプロのフォトウエディング専門店に依頼する場合のメリットとデメリットをお伝えします。

自作のフォトウェディングのメリットとデメリット

階段でしゃがむ二人を撮ったウェディングフォト

自作のフォトウェディングは、第三者が居ないため自分たちらしい撮影ができるのが魅力のひとつ。一方で、撮影地の選択やカメラ準備などしなければならない点もいくつかあります。
まずは自作のフォトウェディングのメリットをご紹介します。

自作のフォトウェディングのメリット

電卓と一万円札

1.費用を抑えられる
第一に挙げられるのが、「節約」です。専門店に頼む場合、撮影場所への送迎や衣装レンタル、ヘアメイクなどがセットになっているので、1回あたりの費用は10万円前後が平均ライン。自分たちで撮影や衣装、ヘアメイクをすればかかる費用は衣装代のみとなるため、うまく探せば大きな節約になります。自作フォトウェディングの大きなメリットです。

2.自分たちのペースで撮影ができる
撮った写真をその場で確認できるため、納得のいくまで撮り直すことができます。緊張しやすいカップルでも、ふたりきりなら自然体な姿を収められそうです。また、当日に「天気がイマイチだから時間をズラして別の場所に移動」といった調整も可能です。

3.ふたりで作り上げる思い出が残る
フォトウェディングは準備することがたくさんあります。衣装や撮影場所を選ぶのはもちろん、ポーズや構図の確認に撮影したデータを選ぶ作業など。お互いの価値観をすり合わせることは、今後の生活でも多々あることでしょう。ふたりで作り上げるフォトウェディングは正真正銘のオリジナル。共同作業でふたりの距離がさらに縮まります。

自作フォトウェディングのデメリット

大量の荷物
自由度の高さが大きなメリットですが、プロに頼らないことによるデメリットももちろんあります。

1.準備すること・ものが多い
個人旅行のように、すべてふたりで手配する必要があります。衣装はもちろん、ブーケやプロップスといった撮影小物の他に撮影場所への移動手段やカメラの用意。また、場所によっては撮影許可が必要な場合もあります。海外でフォトウェディングをする場合は、英語でのやりとりに慣れていないと問い合わせで時間がかかるかもしれません。

2.撮影中の荷物管理
撮影に夢中になって、映える場所へ移動する際に荷物から離れるのはとっても危険!置き引きに遭う可能性が高くなります。かといってサイフやスマホを持って撮影するのも雰囲気がないですよね。必要最低限の荷物で目の届く場所に置いて撮影に挑みましょう。

3.写真のクオリティはプロに劣る
普段から写真を撮っているカップルでも、プロのようなクオリティの高い写真を撮るのは難しいもの。また、撮影は予想以上に体力を使います。衣装や小物の持ち運びはもちろんですが、長時間カメラの前でいろいろなポーズを撮るのも以外と疲れやすい。撮影翌日はカラダを休めないと観光に行く体力が残っていないのかもしれません……。

自作フォトウェディングがおすすめなカップル

・準備する時間がある
・カメラの腕と体力に自信がある
・自然体なふたりの雰囲気を残したい

フォトウェディングをプロに依頼するメリットとデメリット

美しい海をバックに額を合わせあう二人のウェディングフォト

ここからはフォトウェディングをプロに依頼するメリットとデメリットをまとめて紹介します。

フォトウェディングプロに依頼するメリット

1.準備すること・荷物が少ない
衣装や撮影場所の選定はすべて専門店にお任せでOK!申し込みをしたら、後は当日の撮影に備えるのみ。二の腕の引き締めトレーニングやフェイシャルケアなどカラダの作りこみをたっぷり行えます。また、用意する持ち物も靴下やドレス用の下着といったごく軽量のものばかり。

2.撮影という「特別」な一日になる
七五三や修学旅行など、特別な日にはいつも写真が存在します。結婚という新しい道を進むふたりにとってもフォトウェディングは特別なものになるにちがいありません。プロのヘアメイクやカメラマンによる撮影はふだんの生活ではなかなか経験できない貴重な体験です。

3.クオリティの高い写真になる
雑誌やドラマのワンシーンのような写真。それはドレスに負けないヘアメイクを施し、カメラマンがキレイに見える角度やポージングを徹底的にこだわることで完成します。オデコをくっつけたり見つめあったりといった照れくさいポーズも、カメラマンの指示ならやるしかないですよね!

プロに依頼するデメリット

プロに依頼するデメリットはたったひとつです。

1.自作よりは割高
一からすべて自分たちだけで行う自作のフォトウェディングよりは費用がかかります。ですが専門店を賢く選べば低予算でクオリティの高い撮影も可能です。ちなみにアメリカンホリデーズのオリジナルビーチプランはアルバム付きで89000円。業界内でもリーズナブルな価格で行えますので、自作のフォトウェディングを検討しているカップルのみなさん、アメリカンホリデーズもぜひとも検討してみてくださいね。

プロによるフォトウェディングがおすすめなカップル

・撮影に専念したい
・クオリティの高い写真とアルバムが欲しい
・旅行を楽しむ体力を残したい

新婚旅行もかねてのフォトウェディングならプロにお願いしよう

結婚する2人の大切な思い出となるフォトウェディング。すべてを自分たちで作り上げるのはもちろん楽しいものですが、準備から撮影の間、時間と労力を使います。新婚旅行も楽しみたいのであれば、プロに頼れる部分は頼るのもアリ。フォトウエディング専門店だからこそ撮れるこだわりの写真を残したい方はぜひともアメリカンホリデーズにお任せくださいね!


お問い合わせ