アメリカンホリデーズ

2022年02月20日

ウェディングフォトを海外で撮る! おすすめポーズ集を紹介します

ウェディングフォトを予約したものの、どのようなポーズで撮影すればよいのか不安ではありませんか?「思い出に残る写真を撮りたい」「カメラマンの指示に従うだけでは物足りない!」とお考えの方に向けて、今回は、ハワイの美しい景色に映えるようなポーズや撮り方を解説します。合わせておすすめスポットも紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

 

1.彼女に向かってプロポーズ風ショット!

ウェディングフォトを撮影するにあたり、必ず取り入れて欲しいのがプロポーズショット。その名の通り、男性が片膝を付き、女性にプロポーズをするシーンを撮影します。男性が女性に捧げるアイテムは、実際に使用された婚約指輪やブーケがおすすめ。

また、単純なポーズに思われますが、格好良く映るにはコツが必要なのです。男性はどちらか一方の膝を立て、背筋は真っ直ぐ。そして、女性の目をしっかりと見ることによって、堂々と誠意の伝わる1枚に!女性は、表情や仕草で気持ちを表現すると良いでしょう。

プロポーズ風ショットは、穏やかな海をバックに撮影すると美しい写真になります。通行人や観光客の少ないアラモアナビーチ(ワイキキから車で約15分)が、人目を気にすることなく自由に撮影できますよ。

2.仲良く腕組み!結婚式を擬似体験

定番の腕組みスタイル。正面、背面、斜めなど、撮影する角度の違いで雰囲気をガラッと変えることができます。特に、チャペルのような場所は全方位に小道具やお花が散りばめられているため、映え写真になること間違いなし。
事前にカメラマンと撮りたい雰囲気について相談しておくと、スムーズに撮影できます。

3.お姫様抱っこで主人公気分

少し恥ずかしさはあれど、一度は彼にしてもらいたいお姫様抱っこ。しかし、不安なのが彼に持ち上げてもらえるか…。相手に全体重を任せるのではなく、楽に持ち上げてもらえるコツがあるのです!

抱き上げてもらうときは、軽くジャンプするような感じで腕に乗りましょう。これで第一難関突破です(笑)あとは、女性が男性の首に腕を回し密着することによって、2人の重心が近づくためお姫様抱っこをキープしやすくなります。

このポーズは海やチャペルでも映えますが、ケワロベイシンパークにあるヨットハーバーでの撮影がおすすめ。アメリカンで迫力のある船や倉庫の前で撮影することができ、映画の主人公を味わえるスポットです!

4.両手を上に広げてジャンプ!

ドレスを着たままジャンプできるの…?と思うかもしれませんが、意外とできちゃいます。ただ、ジャンプすることに必死になってしまうと、顔が険しくなりがちなのでリラックスして飛ぶと笑顔が素敵な1枚になりますよ!

また、両腕をあげるだけでなく、ジャンプした瞬間に膝を曲げると高く飛んでるように見えたり、2人同時に息を合わせて飛ぶと明るく元気な印象になったりします。このジャンプポーズを撮るのにおすすめな場所は、ハワイのカカアコ地区。約50種類ものウォールアートが描かれているため、お気に入りのアートを見つけて撮ってみるのも良いでしょう。

5.キス寸前ショットでエモーショナルな写真を

ロマンチックなキスショット。憧れではありますが、カメラマンの前でキスをするのは恥ずかしいですよね(笑)そんなカップルにはキス寸前ショットがおすすめ。花びらで飾られたバージンロードが人気のプリマリエ教会でエモーショナルな写真を撮影しましょう。

カメラの正面に向かい合って立ち、少し口角をあげて目をつむると微笑ましく映ることができます。さらに、女性が男性の肩に腕を回し、おでこと鼻をくっつけるようにしてうつむくとジャケ写のようなオシャレな写真に。背丈が逆転して、男性が見上げる感じも他とは違う印象的な写真になります。

まとめ|海外ウェディングフォトはポーズを考えておこう!

今回は、ハワイの美しい景色に映えるようなポーズや撮り方、おすすめスポットを紹介いたしました。気軽に挑戦しやすい腕組みポーズから、ちょっぴり照れくさいキス寸前ショットなど、ウェディングフォトに向いているポーズはたくさん。

言葉の壁がある海外撮影では、事前にポーズを考えておくことでカメラマンさんへのお願いもしやすくなります。また、アメリカンホリデーズでは、積極的にコミュニケーションを取ってくれるカメラマンもいらっしゃるので、海外ウェディングフォトを考えていらっしゃる方は、ぜひ覗いてみて下さい!


お問い合わせ