アメリカンホリデーズ

2022年04月26日

【意外と見えるムダ毛問題】脱毛するなら1年前から?フォトウエディング前のムダ毛処理法まとめ

フォトウェディングを撮影する前に欠かせないのが、「ムダ毛の処理」。脇、腕、そして自分では見えない背中や顔の産毛など、意外とみえるムダ毛はしっかりと対策しておきたいです。

部屋の中では気づかなかったけど、明るいスタジオやビーチでの撮影で気づいてしまった時には、時すでに遅し。

そんなことにならないようオススメの“ムダ毛処理法”と脱毛するなら“いつから対策”すべきなのかをまとめましたので、ぜひ参考にしてください!

フォトウエディング前のムダ毛処理法と対策期間

脱毛と言っても、色々な種類があります。 そして、方法によっては時間を要するものもありますのでしっかり確認しスケジュールに合った方法で脱毛しましょう!

脱毛の種類│フォトウエディング前の脱毛にはどれがオススメ?

1.光脱毛(脱毛サロン)
2.医療レーザー脱毛(クリニック)
3.本格シェービング(カミソリを使用したシェービング)
4.ソフトシェービング(電動シェーバーを使用したシェービング)

こちらの4つが主な脱毛方法です。

1.光脱毛
「メリット」脱毛効果が出やすい。
「デメリット」時間がかかる、一時的な減毛効果。

光脱毛は、医療脱毛に比べて時間と回数がかかります。(施術できるのが、2,3ヶ月に1回)また、毛のもととなる組織にダメージを与えるため一時的な減毛効果しかありませんが、通うことで気になるムダ毛を処理してくれます。

フォトウェディングの1年〜1年以上前から通うことが必要です!

2.医療レーザー脱毛
「メリット」脱毛効果が出やすい、永久脱毛できる。
「デメリット」時間とお金がかかる。

光脱毛に比べて通う回数が減りますが、光脱毛同様、施術できるのが2,3ヶ月に1回のためしっかり通う必要がありますが、毛のもとの組織を破壊するため永久脱毛が可能です。
しかし、料金は光脱毛と比べても大きく跳ね上がる点は要検討ポイント。

こちらもフォトウェディングの1年〜1年以上前から対策が必要となりますので、余裕を持って対策しましょう!

3.本格シェービング(カミソリを使用したシェービング)
挙式までに半年を切っていたらシェービングがおすすめです!

「メリット」産毛と古い角質を除去でお肌がツルツルに。
「デメリット」金属アレルギーの方は注意。

資格を持った施術者がカミソリで産毛と古い角質を除去してくれます。お肌のトーンが明るくなり、透明感がアップ。ただし、ご自身で行うとカミソリ負けを起こしやすかったりお肌を切ってしまう可能性もあるので、プロに任せた方が安心と言えるでしょう。

ただし挙式直前(1ヶ月前)は施術できないお店が多いため、3ヶ月〜半年前から通うことをおすすめします!

さらに挙式の5〜7日前に行うことで自信を持って撮影に臨めます。

4.ソフトシェービング(電動シェーバーを使用したシェービング)
「メリット」電動シェーバーは自身でも購入可能。処理が簡単。
「デメリット」仕上がりにムラができやすい。

ソフトシェービング(電動シェーバー)は簡単に処理できますが、ご自分で処理を行なった場合“剃り残し”
が多い可能性が高いです。また、カミソリを使った本格シェービングよりも根本から処理ができないためすぐ毛が生えてきたり仕上がりにムラができやすいところが難点。

もし、ソフトシェービングを選択される場合はデメリットも考慮しながらプロにお任せしましょう!

こちらも、挙式直前(1ヶ月)はお店から断られてしまう可能性がありますので、余裕をもって施術するのがオススメです。

まとめ|フォトウエディング前の脱毛は【余裕をもって!】

あなたに合った脱毛法はみつかりましたか?

遅くてもフォトウェディングの3ヶ月前から対処することをオススメします!

撮影前に慌ててご自身で処理をし、剃り残しやお肌のトラブルなどがあってはフォトウェディングを心から楽しめません。そんなことにならないよう、スケジュールを確認しながら脱毛に取り掛かりましょう!


お問い合わせ