アメリカンホリデーズ

2022年04月24日

【フォトウエディングを決めたなら】一生残る写真だからこそ気を付けたい鉄板花嫁メイクをご紹介

フォトウェディングを決めたみなさん!当日のメイクはいつも通りで良いと思っていませんか?『花嫁メイク』という言葉があるように、ドレスを着る花嫁さんは普段より濃いめのメイクをした方が吉。そうすることで顔がぼやけず、ドレスや小物とマッチした綺麗な写真を撮ることができますよ。

そこで今回は、フォトウェディングの撮影で女性の美しさを引き立ててくれる『花嫁メイク』についてご紹介。是非、ヘアメイクさんにお願いする際の参考にしてみてくださいね。

【これだけは押さえて!】鉄板花嫁メイク 3つのポイント

1.ベースメイクは丁寧に
フォトウェディングは意外と時間がかかったり、撮影場所や季節によっては汗をかいたりしてしまいます。撮影が進むにつれてメイクが崩れてしまっては、せっかく撮った写真も台無し。そんな残念なことを防ぐためにも、ベースメイクは時間をかけて丁寧にしましょう。

2.まつげは長さを意識
さまざまな表情を引き出すために正面だけでなく、多方向から撮影されるフォトウェディング。そこで盲点になりがちな「まつげ」。まつげで横顔の印象はかなり変わりますし、凛とした長さのあるカールまつげなら、写真映えする華やかな雰囲気を演出できます。

3.リップやチークは血色感のあるカラーで
顔全体を引き締める「リップ&チーク」には、血色カラーを選びましょう。肌を健康的に魅せるだけでなく、女性らしいピュアな印象を与えてくれます。特に馴染みの良いレッド、ピンク、オレンジがおすすめ。さらに、自分のパーソナルカラーに合った色を選ぶと、より美しく見えますよ!

【要注意!】想像するメイクは人それぞれ

フォトウェディング当日、担当メイクさんに「どのようなメイクにしますか?」と必ず聞かれます。「お任せで」「私に似合う感じに」などの曖昧な表現では、思っていたメイクと違った…ということになりかねません。一生残る写真で後悔はしたくないですよね。

そんな悔しい思いをしないためには、事前にイメージを膨らませておく必要があります。理想の花嫁メイクをしっかりオーダーするために準備することは以下の3点。

・自分に似ている芸能人を見せる
・憧れの卒花さんの例を見せる
・こだわりのメイク道具や口紅があれば事前に伝える

これらを意識すると、イメージが大きくずれることなくメイクしてもらえます。では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

自分に似ている芸能人を見せる

顔のパーツや雰囲気が似ている芸能人がいれば、その人の写真を参考にメイクをしてもらうのが一番。しかし、「自分と芸能人だなんて月とスッポンで比べ物にならない」と思う人もいるかもしれません。ですが、全てが似ている必要はなく、目の形は〇〇さん、輪郭は△△さんに似ているなど、パーツを意識して探してみると良いでしょう。有名な方であればメイクさんもイメージが付きやすく、あなたの顔立ちやパーツの良さを引き立てながらメイクをしてくれるはず!

憧れの卒花さんの例を見せる

身近な友人に卒花さん(結婚式を終えた花嫁さん)はいらっしゃいますか?卒花さんの写真からインスピレーションを受けたり、どのようなメイクが自分に似合うのかだったりを想像してみましょう。また、SNSや雑誌等で憧れの卒花さんを見つけ、その画像をいくつか担当スタッフさんに見せることで、あなたの好みを伝えることができますよ。

こだわりのメイク道具やリップがあれば事前に伝える

普段のメイクでこだわっているポイントはありますよね。好みのメイク道具やリップなどがあれば持参し、メイク前に伝えると良いでしょう。お気に入りのアイテムでメイクが仕上がると撮影前の気分もアップ。

また、「アイラインは黒よりも茶色にして、柔らかな雰囲気を出したい」「鼻高に見せたいので、ノーズシャドウをして欲しい」「クマ・シミなどは隠して欲しい」など、具体的に伝えることが大切です。

まとめ|鉄板花嫁メイクで表情を華やかに

いかがでしたか?今回はウェディングフォトを決めたあなたに向けて、鉄板花嫁メイクについてご紹介いたしました。基本となるベースメイクは丁寧に仕上げ、まつげはロングカールに、リップ&チークは血色カラーを意識してメイクアップすると、表情を華やかに魅せてくれます。

また、メイクさんにお願いする際にはイメージ画像を持参するなどして、具体的にどうして欲しいのかをしっかり伝えましょう。一生残るウェディング写真が素敵なものになりますように…


お問い合わせ