アメリカンホリデーズ

コラム

ビーチフォト前にやっておきたい日焼けと汗の対策について

ビーチフォトの前に

記念にずっと残るビーチフォトは失敗したくないはず。
ハワイ旅行だけだったら日焼けをしても問題ありませんが、挙式前やビーチフォトを純白のウェディングドレスを白い肌のままで残したい方にとっては日焼け避けたいものです。
しかし、ウェディングドレスは肌を露出しますし、ウェディングドレスの白さは、日焼けを強調させてしまいます。
ハワイの強い日差しに肌が黒く日焼けしないように日焼け対策を行いましょう。
今回、ビーチフォトの前に行う日焼け対策についてご紹介します。
ビーチフォトの前に

日焼け対策

日本よりもハワイの日差しはきつく、30分も屋外にいると肌が真っ赤になってしまうほどです。
ハワイは南国ですので、厚着をして日焼け対策を行ってしまうと汗をダラダラかいてしまい、せっかくのメイクも崩れてしまいます。
日焼け止めを現地で調達するか、日本で購入するか迷う方がいるかと思います。
日本製の日焼け止めより外国の方が、効き目がありそうなイメージがありますが、日本人の肌は敏感肌の方が多く肌荒れをおこしてしまう可能性がありますので、日本で日焼け止めを購入しておくことをおすすめします。
ハワイ旅行となると、空気も環境も違いますし、長時間飛行機の乾燥した空間にいるとお肌の調子も狂います。
自分は肌が強い方だと思っていても、ビーチフォトの前だけは必ず日本製の日焼け止めを使用しましょう。
また、日本製の日焼け止めは優秀ですので、ハワイの日差しにも安心して使用できます。
しかし、日焼け止めを何度も塗り直していると、肌にダメージがないというわけではありませんので、日傘をさしたり、薄い上着を羽織ったりするように対策をしましょう。

汗対策

汗対策も必要です。
普段はあまり汗をかかない人も、ハワイの慣れない気候から汗をかきやすくなることがあります。
ウェディングドレスは肌にしっかりと密着するものなので、いつもの服装よりも暑くるしくなります。
ビーチフォトを行う際に汗をかいてしまうとメイクが崩れてしまいますし、汗がダラダラの顔で写真に写りたくないはずですので、汗の対策も行いましょう。
汗対策は、汗拭きシートや制汗剤、デオドラントを使用し、メイクも汗で崩れないようにウォータープルーフを使用しましょう。また、汗を止めるツボがあります。
舞妓さんも使用している方法ですが、脇の下の胴回りを圧迫すると汗を止める効果があります。
ウェディングドレスを着る際に少しきつめに締めることをおすすめします。ピタヤとは