アメリカンホリデーズ

コラム

ハワイでインスタ映え間違いなしのスポットとは

Instagramに写真をアップしていますか?
ここでは、ハワイでインスタ映え間違いなしのスポットを紹介していきます。
また、フォトジェニックな写真を撮るためのちょっとしたテクニックもお伝えしていきますのでぜひ参考にしてくださいね。 ハワイでインスタ映え間違いなしのスポットとは

インスタ映えするビーチ

ハワイのビーチはどこを切り取ってもインスタ映えするのですが、特におすすめするフォトジェニックなビーチを2ヶ所紹介します。

アラモアナ・ビーチ

最初に紹介するのは、アラモアナ・ビーチになります。アラモアナセンターの前にあるビーチで約1kmの区間です。
有名なワイキキビーチと比べて観光客が少なく、地元の人が多いのが特徴です。
また、アラモアナ・ビーチ・パークも隣接していて、芝生に寝転がってまったりとできるスポットになります。

■ライフガード小屋を入れて撮る
アラモアナ・ビーチには、赤や白のかわいいライフガード小屋が一定の間隔で設置されています。
ぜひ、それを入れて写真を撮りましょう。
また、背の高いパーム・ツリーを一緒に入れると、よりフォトジェニックな写真になりますよ。

■芝生からダイヤモンドヘッドを入れて撮る
ハワイのシンボルであるダイヤモンドヘッドを入れて撮るのもよいでしょう。
スカイブルーの空とコバルトブルーの海、そしてグリーンの芝生を入れるのがコツです。
アラモアナ・ビーチ・パークでピクニックをしながら、飲み物を空に向けて掲げ、一緒に撮るのもおすすめです。

マカイ・リサーチ・ピア

オアフ島イーストサイドに位置するシーライフパークの先にあるマカイ・リサーチ・ピアはこぢんまりとしたビーチと桟橋があるスポットです。

■桟橋の下を歩いている写真を撮る
桟橋の柱のずっと先を頂点にVの字構図で写すと、奥行き、遠近感が出てきます。
また人物を入れ、その先に歩いて進んでいく後ろ姿を撮るのもおすすめです。
まるで海の上を歩いているような、幻想的でフォトジェニックな写真になるでしょう。

■桟橋をビーチ側から撮る
桟橋をビーチ側から撮るのもおすすめ。モデルの目線は桟橋の先を見るようにして撮ると写真に方向性がプラスされフォトジェニックな写真となります。

インスタ映えする体験

ハワイでしか味わえない体験を通して、インスタ映えする写真を狙ってみましょう。特におすすめの2つの体験を紹介していきます。

パイプマスターズ

毎年12月にノースショアで開催されているサーフィンの大会です。
パイプマスターズは約50年の歴史があり、サーファーの憧れの大会で、観客もたくさん集まります。
なんと波の高さが9mから15mくらいになり、その迫力には圧倒されます。

■ビッグウェーブを間近で撮る
ビッグウェーブを間近で撮ることができたら最高の1枚になるはず。
波のトンネルを滑ってゆくサーファーにピントをあわせながら迫力のある波を撮りましょう。
また少し引いたところから、サーフィンを見に来た観客とともに撮ると、その波の大きさが表現できてインスタ映えすること間違いなしです。

マーメードケープ

オアフ島西エリアのナナクリビーチパークには、ゴツゴツした岩場があり、そこを歩いていくと岩に大きな穴が開いている場所があります。
実は、その穴をのぞくと海水が流れ込んでいて洞窟になっているのです。
そこが、まるで人魚がいそうな光景であることから「人魚の洞窟」といわれています。

■岩場を下りて撮る
洞窟の影と太陽の光のコントラストが作るマーメードケープの空間は、絶好のインスタ映えするスポットです。
ただし、岩場は下りづらいところもあるので無理はしないでください。

インスタ映えするアート

次に、ハワイでインスタ映えのするアートについて紹介していきましょう。
特におすすめなのがカカアコ地区の複合商業施設「SALT(ソルト)」のウォールアートです。
周辺の建物にはインスタ映えがする迫力あるウォールアートが揃っています。
また、カカアコ地区には人気のお店も多く、食事の写真やデザートの写真、ブティックや雑貨ショップの写真とインスタ映えするスポットが満載なので、どんどんフォトジェニックな写真が撮れます。

以上、ハワイでインスタ映え間違いなしのスポットをお伝えしました。
このほかにもサンセットの時間や、夜景の写真もロマンチックでインスタ映え間違いなしです。
せっかくハワイに来たのであれば最高の1枚を残してみませんか?