アメリカンホリデーズ

コラム

ハワイのビーチウェディングでゲストへの対応

ゲストも喜ぶビーチウェディングにするためには

最近では国内の結婚式場で挙式や披露宴を行う結婚式ではなく、新婚旅行も兼ねたハワイでのビーチウェディングが人気です。
ハワイの青い海と白い砂浜の中で、ビーチウェディングを検討している人もいるでしょう。
家族や親しい友人とのハワイでのビーチウェディングは、結婚式のほかに観光などの楽しい思い出も増え、新郎新婦はもちろんのこと、ゲストも楽しみにしています。
また、ハワイでのビーチウェディングでは、ゲストへの手配や費用負担の面で、国内挙式より気を遣わなければならないところもあるので、事前にポイントを知っておきましょう。
日本では味わうことができないハワイのビーチウェディング

ゲストに招待状を送る前にすること

ハワイでのビーチウェディングは国内の結婚式とは違い、数日間日程を空けてもらう必要があるため、なるべく早くから準備をした方が良いでしょう。
国内での結婚式では、ゲストに2.3ヶ月前を目安に招待状を送りますが、ハワイでのビーチウェディングの場合には、もう少し早めに送るようにします。
また早めにお知らせすることで、ゲストも予定を立てやすくなり、旅行中の観光などの計画もしやすくなります。
招待状を送る前に決めておくことは、ゲストの旅行費用の負担方法です。
ゲストは出席したらどのくらいの出費になるということがわからなければ、出席の有無も決められません。
ゲストの旅行費用を新郎新婦が全額負担するのか、ゲストに一部もしくは全額負担してもらうのかを前もって決めておく必要があります。
新郎新婦が全額負担をする場合は、金銭的な負担もそれだけ多くなるので、両親や親族のみなど少数で行うケースが多いです。
そして、ゲストに旅行費用を負担してもらう場合には、飛行機代はゲストに負担してもらい、宿泊代は新郎新婦で負担するなど、両者のバランスを考えて行うケースが多くなります。
ゲストに招待状を送る前に旅行費用をどうするのか決めておきましょう。

ゲストに旅行費用の負担をしてもらう時には

ハワイでのビーチウェディングを行う際に、ゲストから費用を負担してもらうときには、ご祝儀はもらわないのが一般的になります。
このような時は、招待状に「旅費を各自でご負担頂きますので、ご祝儀などのお心遣いはなさいませんようお願い申し上げます。」などの一文を入れるようにします。
また、海外になれていないゲストがいる場合、飛行機や滞在するホテルの手配を自分でやってもらうのは大変です。
滞在するホテルや、滞在中の観光など、誰がいつまでに手配するのか、しっかり担当を決めておきましょう。
新郎新婦が一括で手配をする場合は、ゲストの負担やミスなどはなくなりますが、ゲストに費用を負担してもらうケースでは、費用の徴収や連絡などの作業をすることになります。
さらに、ゲストの中には予定があり同じ日程では行動ができない人や、ハワイでの計画を立てている人もいる可能性もあるため、手配についても事前に決めておく必要があるのです。
滞在中に新郎新婦が常に一緒に行動することは難しいので、ゲストには滞在中のスケジュールを記載した、ウェディングのしおりを渡すと予定も共有できておすすめです。
ハワイでのビーチウェディングでは、ゲストにも滞在中に楽しんでもらえるような手配や対応を準備して、素敵なウェディングにしましょう。
ハワイを感じながらビーチウェディングを挙げよう