アメリカンホリデーズ

コラム

ハワイのビーチウェディングでおすすめのネイルのスタイルは?

ブライダルネイルで爪先までこだわろう

結婚式のために、ネイルをする女性が多いです。
普段、ネイルをしない人や職業柄ネイルができない人も、一生に一度の結婚式は、爪の先まで美にこだわってみてはいかがでしょうか。
結婚式のためのネイルは、ブライダルネイルと言います。
より美しい花嫁姿を披露するために、ブライダルネイルのデザインはドレスに合うものや、指輪を引き立たせるものなど様々です。
これから、ハワイでビーチウェディングをする花嫁は、ハワイのビーチにぴったりなブライダルネイルをしましょう。
ブライダルネイルのタイプは、ジェルネイル、ネイルチップ、マニキュアなど様々な種類があり、それぞれ特徴が異なります。
メリット、デメリットを理解した上でハワイのビーチウェディングに合うタイプを選んでみてください。
ブライダルネイルで爪先までこだわろう

自分の爪を活かすネイル

ジェルネイルの特徴は、外れにくい、自然な印象になる、好みのデザインに仕上がることです。
ハワイでのビーチウェディングは、普段着ないドレスだけでなく、グローブの着脱、指輪交換など手を使う場面が多いため、爪に負荷が掛かっても外れにくいジェルネイルは安心できます。
しかし、費用が高く、職業柄ネイルができない人はハワイに滞在している間しかつけられないため勿体なく感じることがあるかもしれません。
スカルプチュアは、ジェルネイルと似ていますが、自分の爪に長さをプラスできるといった特徴があります。
長さが出るだめ、デザインの幅が広がり、ゴージャスに仕上げることも可能です。
ブライダルネイルの定番である3Dアートと組み合わせると、手元が豪華になりハワイのビーチに映えます。
また、ジェルネイルとスカルプチュアは自分でオフすることが難しいため、帰国後はネイルサロンで綺麗にオフしてもらいましょう。

ネイルに費用をかけたくない女性には

ネイルチップは、ジェルネイルよりも費用が安く、自分で簡単に装着できます。
ハワイにネイルチップ用グルーを持参すれば、突然外れてしまってもすぐに装着ができたり、ハワイ到着後に自分で装着したりすることが可能です。
ビーチウェディング当日まで、ネイルサロンに行けない人は自分でネイルチップを装着してみてはいかがでしょうか。
しかし、注意しなければならないことは衛生面です。
ハワイ滞在中はプール、海など水を使用する場面がたくさんあるため、グルーの隙間から水が入り雑菌が繁殖する可能性があります。
ビーチウェディングが終わったあとは、すぐに外して清潔にしてください。
ブライダルネイルにお金をかけたくない人やビーチウェディング後すぐにオフしなければならない場合は、マニキュアが良いでしょう。
剥がれやすいため、トップコートで仕上げる必要があります。
ブライダルネイルは様々なタイプがありますが、ハワイでも安心して過ごせるタイプを選んでみてはいかがでしょうか。
ネイルに費用をかけたくない女性には