アメリカンホリデーズ

コラム

ハレイワ特集。優雅な時間が流れている!ハレイワの見どころは?

ノースショアのハレイワタウンは南北に約2.5キロからなる小さな町です。しかし、見所は満載。ハワイのおいしいB級グルメや豊かなサーファー文化、独特のアートなどなど、いろいろな楽しみ方ができるエリアです。どこか懐かしいノスタルジーの香りが漂うハレイワの魅力を紹介します。

ハレイワ特集。優雅な時間が流れている!ハレイワの見どころは?

ハレイワのおすすめスポット3選

1. ハレイワの看板
ハレイワはノースショアの玄関口にある町です。ワイキキの喧騒と比べて、のどかな町で、時間がゆっくりと流れるように感じます。町には名物のノースショアハレイワの看板が目を引きます。ノースショアハレイワの看板にはサーフガールやサーフボーイのバージョンがあります。ぜひ探してみてください。

2. 天使の羽 (Angel’s Wing)
ウォールアートの先駆けとなった、天使の羽 (Angel’s Wing)もハレイワの名物の1つです。インスタ映えスポットとして多くの観光客が訪れています。インスタ映えするためには、ちょっとした写り方のコツがあります。壁に背中をつけず、お尻だけをつけて斜めに目線を上げるとクールでかっこいい写真になります。

3. ハレイワレインボーブリッジ
ハレイワレインボーブリッジは、町の北端にあるアナフル川にかかる歴史ある橋です。ガイドブックやTVにも登場している人気のスポットです。ハレイワに訪れたら見てみたい場所の1つです。

ハレイワのおすすめグルメ3選

1. ガーリックシュリンプ
ガーリックシュリンプはノースショアが発祥の地です。ハレイワにはガーリックシュリンプの有名なお店が多数あります。中でも「マッキーズ・スイート・シュリンプ・トラック」や、「ジョバンニ(Giovanni’s Shrimp Truck)」などは名店中の名店とよばれています。特に1993年創業の「ガーリックシュリンプ」の元祖といわれる「ジョバンニ」のトラックのボディーは、ここのシュリンプを気に入った人たちのサインで埋め尽くされていて年季を感じさせます。

2. レイズ (Ray’s)
ハワイのB級グルメとして、ガーリックシュリンプと並んで人気な「フリフリチキン」。フリフリチキンは鶏肉を1羽丸ごと串に差し、自家炭火の上でぐるぐる回しながら焼いていくノースショアの名物です。フリフリチキンの「フリ」とはハワイ語で回すという意味でじっくり、ゆっくり回しながら焼いていくのでうまみが閉じこめられていきます。皮はパリッと中はジューシー、絶品です。

3. マツモト・シェイブアイス
「マツモト・シェイブアイス(Matsumoto Shave Ice)」はハレイワタウンの元祖名物かき氷のお店です。インスタ映えするレインボーかき氷は今や世界の名物。お店にはTシャツや、トートバッグなどマツモト・シェイブアイスのオリジナルのグッズも販売しています。

いかがでしたか? ハレイワのB級グルメには枚挙にいとまがないほど名物ぞろいです。ゆるーくハレイワの町で過ごすのが何より贅沢な時間なのかもしれません。