アメリカンホリデーズ

コラム

油断禁物!ハワイの治安について

油断禁物!ハワイの治安について
「ハワイは治安がいい」「ハワイの人は親切」とよく聞き、「初めての海外旅行がまずハワイに行っておけば間違いない」ともいわれていますが、それは他の国と比べて…ということです。
日本よりも治安がいい国は、そうそうありません。
特に先進国の中ではトップクラスなので、どこへ行ったとしても“日本よりは治安が悪い国”なのです。
特に犯罪の多いアメリカの中ではハワイは格段に治安がいいですが、初めての海外旅行であれば日本で大丈夫なことでも気をつけておかなくてはいけないことはたくさんあります。
こちらでは、ハワイで多い犯罪や気をつけた方がよい場所などに関して説明しています。

ハワイで多い犯罪って?

ハワイで多い犯罪って? 外務省のホームページにもありますが、日本人観光客は何かと狙われがちです。
ハワイは殺人などの大きな犯罪は少ないようですが、置き引き、ひったくり、スリ、車上荒らしなどはよくあります。
特に置き引きは多く、飛行場やお土産屋さん、レストラン、ビーチやプールでも見られます。
レストランで椅子の背もたれにかばんや上着をかけておいたら財布を抜かれた、海でビーチサイドに荷物を置いたまま、海で遊んでいたらなくなっていたということも多いので注意が必要です。
ひったくりやスリなどは夜はもちろん、昼間の有名なアラモアナショッピングセンターでも起きています。
現地の人はたいていクレジット払いですが、観光客はある程度現金をドルに換金して持っていることも、現地の犯罪者は知っているので狙われやすいのかもしれません。
ハワイで多い犯罪って?現金で買い物をした場合、人前でお釣りのお札を数えるなどの行動は慎んだ方がいいでしょう。
車上荒らしが多いのは、ハワイではレンタカーに多い車種というのがあるため、旅行者が乗っている車だということが分かりやすいのです。
車の中なら安心と、荷物を入れたままロックして出てもガラスの窓を割って盗られてしまいます。
地元の人でも車上荒らしにガラスを割られたくないため、あえてカギをロックしないという人もいるようです。
レンタカーを借りる場合には注意してください。

ハワイで気をつけた方がよい場所とは?

治安が良いと言われているハワイですが、昼と夜では全く違う雰囲気になります。
昼でも気をつけた方がいい場所は、ハワイ島のアカカ滝州立公園で、昼間でも車上荒らしが多いこと有名です。
この他のビーチパークでも昼間の車上荒らしはよく起きています。
昼間観光客で賑わうワイキキや、早朝ランニングなどが行われているアラワイ運河沿いは、夜になると人通りも少なく何かあっても助けを求めづらい状況です。

ハワイで気をつけた方がよい場所とは?
アラワイ運河沿いは、ドラッグ常用者やホームレスがいたり、ワイキキのクヒオ通りは娼婦や客引きがいて、法外な金銭を要求されたりドラッグを売りつけられたり、悪質なトラブルに巻き込まれかねません。
夜遅くに買い物する場合はカラカウア通りなど人通りの多い通りを歩くようにしましょう。
チャイナタウンやタンタラスの丘、オアフ島の西岸のワイアナエコースト一帯は治安が悪いと言われています。

ハワイでもし何かトラブルに巻き込まれた場合、日本で言う110番は911番です。
ただしハワイでは警察、消防、救急など全て911番に電話をします。
宿泊しているホテルに相談するのもいいかもしれません。

911