アメリカンホリデーズ

コラム

ハワイにおけるチップの相場について

日本人には馴染みのないチップという習慣。
「ハワイではどれくらい渡せばよいの?」と疑問に感じている人もいるかもしれません。
ここでは、そんな人に向けてハワイにおけるチップの相場や計算方法について詳しく説明していきます。

チップについて

チップの習慣があるハワイ。
日本人には馴染みのない習慣なので戸惑うこともあるでしょう。
なぜなら、日本の料金はサービス料も含まれた金額となっているからです。
しかし、ハワイの場合には基本的にサービス料は含まれていません。
その代わりにチップを渡すというわけです。
最低でも1ドルからなので1ドル札はチップ用に準備しておいたほうが便利でしょう。
ハワイに到着するとタクシーに乗ったり、ホテルでチェックインをしたり、すぐにチップが必要になるでしょう。
事前に日本で両替しておくことをおすすめします。

シーン別!チップの相場と渡し方について

チップについて知ったところで、続いてはチップの相場についてシーン別に見ていきましょう。
目安としての金額ですので、ここに紹介する金額以上を置いても当然問題はありません。
また、渡し方についても紹介していくので参考にしてみてください。
それでは、チップが必要になることが多い「ホテル」、「レストラン」、「タクシー」の3つのシーンに分けて説明していきます。

ホテル

ホテルでは清掃員にチップを渡します。
こちらに関してはベッドの数だけ枕元に1ドルずつ置いておきましょう。
清掃を担当する人は毎日変わる可能性があるため、毎日置いていくのがよいでしょう。
また、荷物を運んでくれるベルボーイにもチップを渡します。
チップの相場は荷物1つにつき2ドルです。
ただし、大きな荷物や重い荷物の場合は5ドルほど渡すようにしましょう。
このほか、ルームサービスを頼んだ場合には部屋まで来てくれたウェイターに利用額の1~2割ほどのチップを払うのがマナーです。

レストラン

一般的なレストランでは総額の15~20%ほどをチップとして払うのがマナーです。
テーブルに現金を置いて帰りましょう。
また、クレジットカード払いの場合には、レシートにチップの金額を書き込みます。
高級レストランでは20%以上は払うべきでしょう。
その一方で、ファストフードであれば基本的にチップは渡す必要はありません。

タクシー

タクシーの運転手には利用額の15~20%のチップを渡しましょう。
支払いの際に渡します。
多めの金額を渡しておつりをチップとして取っておいてもらうという方法もあります。

簡単なチップの計算方法について

「チップの相場はわかったけれど、計算が面倒……」という人もいるでしょう。
ここで簡単な計算方法を紹介します。
チップを含めた合計金額を出す場合には、10%なら×1.1、15%なら×1.15、20%なら×1.2となります。
例えば、レストランで食事をして、会計が35.50ドルだったとします。
この際にチップを10%にするなら、合計35.50ドル×1.1で39.05ドルになるわけです。

■チップ10%
→会計×1.1=合計料金

■チップ15%
→会計×1.15=合計料金

■チップ20%
→会計×1.2=合計料金

以上の計算式を覚えておくだけでチップの計算はラクになることでしょう。
観光している最中に「チップはいくら?」と考えてしまうこともあるはずです。
計算機を用意しておけば、この計算式を使って簡単にチップの金額を知ることができるでしょう。
携帯電話の計算機能などをうまく使ってチップの計算をしてみてください。

ここまで、チップについて詳しく解説してきました。
ハワイで楽しい時間を過ごすためにもチップのマナーは事前に知っておくとよいでしょう。