アメリカンホリデーズ

コラム

フォトウェディングで新郎の首飾りに使われるマイリレイとククイレイとは?

フォトウェディングで撮影した写真はずっと残る

これぞハワイの代名詞! フォトウェディングでは当然写真を撮ることになりますが、その写真はその後もずっと残りますし、数多くの人が見ることになるでしょう。
ですから新郎・新婦双方ともばっちりオシャレをしたいところです。
ウェディングを行う場所によってもそのファッションスタイルは変わってくるでしょう。
例えばハワイの場合ですと、レイを首にかける習慣があり、日本からハワイを訪れてウェディングイベントをするカップルもレイを積極的に活用しています。
新婦の場合はドレスや花冠などでオシャレを演出しやすいのですが、新郎はシンプルなタキシードや燕尾服を身に着けているので、なかなか華やかさを演出できません。
そんな時に役立ってくれるのがレイになります。
ハワイで挙式をする際やフォトウェディングを行う時に、レイは大きな存在感を放ってくれることでしょう。
日本にいるとレイを首にかけることはまずありませんが、ハワイではもてなす意や感謝の意を込めて気軽に贈ることもあります。
そのようなレイですが、種類がいくつかありますので、どれをフォトウェディングの際にチョイスするかをあらかじめ考えておくと良いでしょう。

有名なマイリレイとククイレイについて

男性用のレイとしてよく知られているレイには、マイリレイとククイレイがあります。
マイリレイは緑一色といった感じで派手さはありませんが、存在感はしっかりと放ってくれています。
宝石のようなククイレイ マイリというのは植物のことで、その植物の葉を使用してレイに仕上げられているのですが、中にはマイリの葉以外の植物が一緒に編み込まれているタイプもあるようです。
女性が男性へ贈られるのが普通で、フォトウェディングなどのウェディングイベントでは新郎が首にかけるのが一般的です。
そしてククイレイですが、これはククイという植物の実が使用されています。
植物の実ではあるのですが、一見すると宝石にも見えそうなほど美しいのが特徴です。
実の色も様々あるため、自分の好きな色のものを選ぶことができるでしょう。
また、ククイレイとマイリレイを組み合わせて作られたククイマイリレイというものもあり、名前の通りククイの実とマイリの葉の両方が使われていますので、華やかさもアップすることでしょう。
マイリレイやククイレイを首にかけてフォトウェディングの撮影に臨むことによって、よりハワイらしさを演出することができます。