アメリカンホリデーズ

コラム

フォトウェディングの小道具の一つ、生花のハクレイとは?

ハクレイがあるのとないのとでは大違い

日本でのウェディングとハワイでのウェディング、それぞれ異なる部分は多いのですが、使用する小物も違います。
ハワイでフォトウェディングをすることになると、生花のハクレイを用いることも多々あるでしょう。
ハクレイというのは、いわゆる花冠のこと。レイは首にかけるものとしてお馴染みですが、「ハクレイ」は花冠。ハワイでのフォトウェディングにはピッタリです。
ハクレイはハワイならではの花や植物の葉を使用して作ることが多く、主に土台の素材に様々な違う素材を加えて仕上げる方法が取られており、この作り方を「ハクスタイル」と呼ぶことから「ハクレイ」と呼ばれているとも言われています。
どういった植物の花や葉を使うかは自由なので、自分の好みに合わせて製作することもでき、かわいらしいものやシンプルで美しいものなど色形は様々です。
フォトウェディングの際に新婦はウェディングドレスを着用しますが、どうしても頭部が寂しくなるものです。
頭部を飾る物としてティアラもありますが、せっかくハワイで撮影するのですから、やはりハワイならではのハクレイがおすすめです。
また、生花を使うことでよりリアルな雰囲気を演出できますし、生花だと香りも堪能することができそうです。

「ハクレイ」豆知識

自分に似合うハクレイを身に着けることが重要

ハクレイがあれば必ず美しく見えたり、見栄えが良くなると思っている人も多いですが、これは少し考えを改めて頂きたいところです。
ハクレイは上記したように、花や葉を用いて作るのですが、好みの花や葉の種類や色、大きさだけを意識して作ると、デザインのバランスが取れなくなるケースもあります。 髪の毛や肌の色、顔の大きさ・形、自分にピッタリのハクレイを見つけよう!
さらに、実際に頭に乗せるとより違和感が出てしまい、全く似合っていない…という事態にもなり得るでしょう。
それを防ぐためには自分にはどういったデザインのハクレイが似合うのかをあらかじめ調べておいたり、担当者から助言をもらうのも良いでしょう。
そして面倒かもしれませんが、何度も試行錯誤して試してみることによって、自分にピッタリ合うハクレイが見つかります。
髪の毛の色や肌の色、顔の大きさによっても似合うものは変わってきますし、ウェディングドレスのデザインや色によってもベストなハクレイは違ってくるでしょう。
せっかくハワイでフォトウェディングを行うのあれば、ハワイらしさ満点の生花を用いたハクレイを用いて写真撮影を行い、美しく写真に収まりたいところです。
ハワイ気分が満喫できるフォトウェディングに欠かせないハクレイですから、満足のいくものを見つけられるよう、いろいろな体験者の写真を見て、自分に合うものを探していきましょう。