アメリカンホリデーズ

コラム

ハワイのフォトウェディングで知りたいチップについて

迷う人が多い海外のチップ制度

これからハワイでフォトウェディングをしようと考えているカップルも多いのではないでしょうか。
ハワイで行うフォトウェディングは、挙式や披露宴を行うよりも安いため、ハネムーンを兼ねてフォトウェディングをするカップルが多くいます。
ハワイでの挙式に憧れているカップルにもフォトウェディングはおすすめです。
楽しみながら二人の結婚記念を写真に残してみてください。
結婚記念日に写真を見返すだけで、当時の楽しかった思い出を思い出すことができるでしょう。
ハワイでフォトウェディングを行う前に、海外の文化について知っておく必要があります。
ハワイは日本とは違う文化がたくさんあるため、ある程度の知識は身につけておかなければなりません。
中でも、多くの日本人が戸惑うのはチップではないでしょうか。
日本にはチップを渡す習慣がないため、ハワイでチップを渡す際に戸惑います。
フォトウェディングの際にもチップを渡すのが一般的です。
チップについての知識を身につけてから、フォトウェディングに挑みましょう。

ハワイでのフォトウェディングの前にチップの知識を身に着けよう

フォトウェディングのチップ

チップとは、日本でいうサービス料です。
ハワイに限らず海外のサービス業の賃金は低く設定されており、チップも従業員の収入源になります。
チップを払わないときもあります。
それは、トラブルが発生したときや、サービスに納得がいかなかった場合のみです。
サービスを受けたときに、さりげなくお札で渡せるように準備しておきましょう。
フォトウェディングでチップを渡すのは、ドライバー、メイクスタッフ、カメラマンなどです。
ハワイでのフォトウェディングを直接サポートしてくれる人たちであるため、感謝の気持ちを込めてチップを手渡ししてください。
チップの目安は一人あたり20ドルです。
お札をそのまま渡すのではなく、ポチ袋などに入れて準備しておくと、渡しやすいでしょう。
最初の挨拶時に渡すとスムーズです。

フォトウェディングのチップ

チップに迷ったときはフォトウェディング会社に相談しよう

フォトウェディングで写真撮影だけでなく、牧師に誓いを立ててもらう場合は、注意が必要です。
牧師にお金を渡すのは失礼になることがあります。
申し込んだフォトウェディング会社に事前確認しておきましょう。
フォトウェディング会社によっては、申込書などにチップについて記載されていることがあります。チップの金額について記載されている場合は、その金額を目安に渡しましょう。 金額に迷ったときは、フォトウェディング会社に相談してみるといいかもしれません。
当日はバタバタするため、チップの渡し忘れも少なくありません。
うっかり渡しそびれたということがないように、ポチ袋に分けておくなどしっかりと準備しておくことが大切です。