アメリカンホリデーズ

コラム

ハワイのフォトウェディングで準備しておくと良い物とは

英語が苦手な人におすすめのフォトスポット

ハワイにはフォトウェディングに適したフォトスポットがたくさんあります。
そのため、ハワイでフォトウェディングを考えているカップルは、フォトスポット選びに迷うでしょう。
おすすめのフォトスポットがハワイのオアフ島にあります。
一つは、モアナサーフライダーです。
モアナサーフライダーは挙式をする日本人が多く、日本語にも対応しているため、英語が苦手な人や初めて海外旅行をする人も安心してフォトウェディングができるでしょう。
モアナサーフライダーから見えるワイキキビーチと青い空が白いウェディングドレスをより引き立てます。
ハワイでのフォトウェディングはビーチが定番ですが、ホテルの前にあるカラカウアストリートでのフォトウェディングもおすすめのフォトスポットです。
日本では撮影できない写真に仕上がります。

英語が苦手な人におすすめのフォトスポット

タオルと日焼け止めは必須

タオルも準備しておきましょう。 新郎はジャケットやベストを着て撮影するため、汗をかきやすいです。 背中や首筋が汗でベトベトになってしまうと、気持ちよくフォトウェディングができません。 額から汗が流れることもあるため、タオルを準備しておくと、すぐに汗を拭き取ることができます。 ハンカチタオルではなく、フェイスタオルの方が使いやすいです。 汗拭きシートも準備しておくとさっぱりするでしょう。 日焼け止めも必要です。 日焼けをしたくない花嫁もいるのではないでしょうか。 ハワイのビーチで撮影している間に肌が焼けてしまうことも少なくありません。 ドレスを着る直前に日焼け止めを塗ることはもちろん、汗で日焼け止めが流れてしまうため、こまめに塗り直す必要があります。 現地でも日焼け止めを調達することができますが、海外製品が肌に合わないことがあるため、普段から日本で使っている日焼け止めを持っていくことをおすすめします。

フォトウェディングの小物としても使えるアイテム

日傘も準備しておきたい物です。 移動が多いフォトウェディングでは日傘が欠かせません。 日傘で日差しから頭を守り、体調を崩さないように注意してください。 晴雨兼用の日傘の場合にはスコールが降ったときも、雨に濡れずに済みます。 レースや可愛い日傘を準備しておくと、そのままフォトウェディングの小物として使うこともできるでしょう。 移動用のサンダルも準備しておくと便利です。 様々なロケーションで撮影したい場合は、新郎新婦も衣装を着たまま移動をしなければなりません。 撮影以外で履くことができる歩きやすいサンダルを準備しておく必要があります。 疲れをためないように歩きやすいサンダルを履くことが大切です。 おしゃれで歩きやすいサンダルを準備しておくと、そのままフォトウェディングで活用できるかもしれません。 上手く小物を準備してフォトウェディングを成功させましょう。

フォトウェディングの小物としても使えるアイテム