アメリカンホリデーズ

コラム

ハワイのフォトウェディングで人気の水中フォトとは

衣装にこだわると予算オーバーした

衣装にこだわると予算オーバーした

ハワイでフォトウェディングをするカップルが多いですが、失敗や後悔することもあるようです。
失敗したからといって、何度もハワイへ行き撮影することもできません。
後悔のないように事前に失敗談を知り、対策してみてはいかがでしょうか。
一つは、選んだプランに好みのドレスがなかった事例があります。
気に入ったもの選ぶと追加料金がかかることや、プランをアップグレードしなければならないこともあり、予算を超えしまったというカップルも多いです。
国内であれば打ち合わせをするなど、撮影日前に試着できる機会がありますが、海外になるとそれができません。
ピッタリなサイズがないこともあるため、お問い合わせ時や契約する前に確認することが大切です。
もしくは、レンタルや購入をして持ち込みができる業者を選んだほうが安くなることもあります。
新婦は何度もウェディングドレスを着る機会がないため、慎重に選びましょう。

プラン内容は要チェック

プラン内容をよく確認せず、料金の安さで選んでしまったばかりに後悔するカップルも少なくありません。
他業者ではショット数も衣装の種類も多いのに、安い業者に依頼したら好みのものがなく、ショット数も少なかったなどです。
大切な思い出になるフォトウェディングであるため、少し贅沢してみてはいかがでしょうか。
持ち込みができないと思ってプランに含まれているドレスを妥協して選んだら、実は持ち込みができたというケースもあります。
料金ばかりに目がいきがちですが、しっかり内容も確認することが大切です。
せっかくドレスにこだわったのに、デザインや質感が全く表現されていなかったというケースもあります。
例えば、風に綺麗になびくように軽やかなものを選んだのに、ありきたりな取り方ばっかりで風になびいたショットがなかったなどです。
そのようなことがないように事前にイメージや撮ってほしいショットをカメラマンに伝えておくと良いでしょう。
風が吹いていなくても要望を伝えておくと、スタッフが協力してくれたり、新郎が新婦を抱き上げてなびいているようなポーズを提案してくれるはずです。

肌に注意

肌に注意

ハワイでありがちなのが、日焼けです。
旅行を兼ねてフォトウェディングをするカップルが多いですが、旅行最終日に撮影すると日焼けで顔の皮が剥けてしまったり、日焼け跡がくっきり写ってしまったりする場合があります。
あえて日焼けをしたい人もいますが、肌を白く見せたい場合はしっかり対策しましょう。
焼けるのを気にして旅行が楽しめなくなるのが嫌という場合は、旅行初日に撮影すると良いでしょう。
また、日本とは異なり紫外線が強く、海外製の日焼け止めも強力に作られていることがありますが、日本人の肌を合わず荒れてしまうこともあります。
肌の白さを守れたのは良いけど、ニキビや発疹が出てメイクができなくなってしまったとならないように日本から持参することをお勧めします。