アメリカンホリデーズ

コラム

ハワイでのフォトウェディングをSNSで共有しよう

どうやって伝える?


SNSで報告する際は、事前に仲の良い人たちには個別で連絡しておきましょう。
職場も同様です。
自分から伝えるべきことを他の人から聞くと印象が悪くなります。
フォロワーに上司がいなくても同僚が話してしまったというケースもあるため、SNSで公表する前に伝えておくべき人には直接報告しておく必要があります。
自慢と思われないようにするためには、報告と自慢の線引きをしっかりすることです。
例えば、結婚式で着用するドレスは有名デザイナーにするなどの報告や、二人の新婚生活を綴るといったような浮かれた文章を書くと、自慢と思われてしまうかもしれません。
客観的に考えてみてください。

自然な笑顔を載せよう

自然な笑顔を載せよう


最近では、SNSに指輪の写真を載せる人が多いです。
その際は指輪の値段やカラット数まで書くと自慢になるため、二人が笑顔で写っており、明るくて自然な雰囲気の写真を投稿することをお勧めします。
ハワイでフォトウェディングをした人であれば、その仕上がった写真を投稿してみてもいいかもしれません。
簡単な文章を添えるだけで、結婚したことがわかります。
ラブラブなコメントは避けて、最後は「よろしくお願いします」とフォロワーへお願いする形で締めくくるのがポイントです。
また、ハワイでのフォトウェディングは普段の写真と異なり、自然に楽しんでいる姿や二人の笑顔を撮影してくれます。
そのような写真は、ありのままの二人の姿が写されて自慢になりにくいです。
あえて、バックショットや海や山など自分たちの顔よりもハワイの風景が印象的なものを選んでみてもいいでしょう。
これからSNSで伝えようと考えている人は、投稿用の写真をハワイでフォトウェディングをして準備してみてはいかがでしょうか。

面倒くさがりの人におすすめ


細かい作業は苦手という人もいるでしょう。
その場合は、マスキングテープだけを使った方法もあります。
写真を印刷して両面テープなどで壁にそのまま貼り付け、その周りにマスキングテープを貼って額縁がわりにするのです。
この方法なら額縁や流木を買う必要もなく、100円ショップでお気に入りのマスキングテープを用意するだけです。
貼り方次第でおしゃれな額縁になります。
お気に入りの1枚を大判プリントにして飾るのもおすすめです。
通常サイズよりもインパクトがあるインテリアになります。
A4サイズ以上だと業者やネットで印刷を依頼しなければならないため、注意してください。
このようにアイデア次第でウェディングフォトは活用の幅が広がります。
二人の思い出を自宅に飾ってみてはいかがでしょうか。

面倒くさがりの人におすすめ