アメリカンホリデーズ

コラム

ハワイにはどんな島があるの?島間の移動は可能?

世界でも有数のリゾート地として知られているハワイ。そんなハワイの島は8つあります。
ここでは、実際に観光ができる「オアフ島」、「ハワイ島」、「マウイ島」、「カウアイ島」、「モロカイ島」、「ラナイ島」の6つの島について紹介していきます。

オアフ島

日本からの旅行客の多くが滞在するのがオアフ島。ビーチはもちろんのこと、観光スポットや名所も多く、何度訪れても新しい発見がある島です。
有名なワイキキビーチを始め、アラモアナビーチ、ラニカイビーチ、カイルアビーチなど世界中の観光客に人気のあるビーチが点在しています。
また、アラモアナセンターやワイキキ周辺でのショッピング、ローカルグルメなど楽しみ方は多種多様。名所としてはダイヤモンドヘッドがあります。

ハワイ島

ハワイ島は、ハワイ諸島の中でも最も新しく広大な島。この島の魅力は大きさだけではありません。
世界でも活発な火山の1つキラウエア火山があります。ハワイ島ではコナコーヒー農園も有名です。
ちなみに、日本語では「ハワイ島」と呼ばれていますが、英語では「Big Island」と呼ばれています。

マウイ島

観光地として人気のあるマウイ島。「渓谷の島」と呼ばれていて、島の大きさのわりに起伏が激しいという特徴があります。
ラハイナの海辺の通りやカアナパリの美しいビーチが魅力。ハレアカラ国立公園も有名です。マウイ島には毎年何千匹ものザトウクジラが集まってきます。

カウアイ島

緑豊かなカウアイ島は、大自然を感じることができる島です。
ワイルア川でカヤックを体験したり、ワイメア峡谷で雄大な景色を堪能したり、その楽しみ方は様々。
「庭園の島」とも呼ばれています。名所としては、ワイメア渓谷州立公園、ナパリコースト、キラウエア灯台などがあります。

モロカイ島

ノスタルジックな雰囲気が残るモロカイ島。高い建物は一切なく、車も通っていません。古くからあるハワイ文化を感じることができます。
リゾート開発がほとんど進んでいないため、訪れる日本人は珍しいです。

ラナイ島

日常の喧騒を忘れることができるのがラナイ島。ゆっくりと流れる時間に身も心も解き放たれることでしょう。
自然を感じるのであれば、ケアヒアカヴェロやプウ・ペペがおすすめ。
観光名所はほとんどありませんが、現在は高級ホテルもあり、ラグジュアリーリゾートを満喫できます。

オアフ島から他の島に移動することは可能?

オハフ島からそれぞれの島に行くことは可能です。
例えば、オアフ島からハワイ島に行く場合、ハワイ島の西海岸にあるエリソン・オニヅカ・コナ国際空港へのフライトか、東海岸のヒロ国際空港へのフライトになります。
フライト時間は、40分から50分程度です。このほかの島にも飛行機を使ってすぐに行くことができるため、時間に余裕があれば島間の移動をしてみてもよいでしょう。

ここまでハワイの島について見てきました。観光ができるハワイの島は6つあり、それぞれに異なった魅力があります。
ハワイをより深く知るためにも、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。