アメリカンホリデーズ

コラム

ハワイのフォトウェディングで失敗したこととは

当日を迎える前に知っておきたいこと


ハワイでのフォトウェディングは何度も行うものではないため、成功させたいと思うカップルが多いでしょう。
国内での撮影とは異なり海外で行うため、事前にハワイに行って下見をしたり、ヘアメイクの打ち合わせや時間をかけてドレスを選ぶこともできないため、不安になるものです。
成功させるためのポイントを知っておきましょう。
それは、失敗例を知った上で対策をすることです。
成功例を参考にすることも大切ですが、予想外のことが起きる可能性があるため、失敗例も知っておくことがポイントになります。
事例を知っていたからといって、必ず成功するというわけではありませんが、リスクを大幅に軽減させることが可能です。
満足度の高い仕上がりにするために知っておきましょう。

当日を迎える前に知っておきたいこと

タイムリーな情報を収集


一つは、パンフレットやネットに載っている写真だけでフォトウェディング会社を選んでしまったという事例があります。
実際に撮影場所に行ってみると写真や画像で見たものと違うことも少なくありません。
特に、数年前に撮った写真には注意しましょう。
写真には新しくて綺麗な建物が写っていても、年数が経つと歴史を感じる場所へと変わっていることがあるのです。
ハワイへ下見に行くことはできませんが、直近の情報収集が欠かせません。
方法としてはSNSを活用することです。
InstagramやFacebookでもたくさんの画像がアップされているため、タイムリーな情報を手に入れておくとイメージしやすいでしょう。
また、フォトウェディングの希望場所があれば、実際に撮影したカップルのインスタをチェックし、どんなポーズが映えるのか考えてみてもいいかもしれません。

綺麗に映るために


海での撮影を考えているカップルは、風対策も欠かせません。
ハワイのビーチは風が強く、ベールが回転したりヘアセットが崩れてしまったという失敗事例があります。
風に髪がなびくショットは綺麗ですが、強風だとまとわりついて顔が見えなくなるケースも少なくありません。
顔まわりの髪の毛はまとめて風になびいても顔を邪魔しないように対策しておきましょう。
男性もセットが崩れやすいため、きっちりとまとめておくことをお勧めします。
他にはメイクで失敗したという人もいます。
普段は自分好みのお化粧をすることができますが、当日はメイクさんが行うことがほとんどです。
プロですが、担当者によってもそれぞれ好みが異なり、自分とは異なる好みであるケースがあります。
何度もメイクをし直すことはできないため、事前にイメージや普段しているお化粧を伝えておきましょう。
このような事例を知った上で成功させるための対策をしてみてください。

綺麗に映るために