アメリカンホリデーズ

コラム

ハワイでフォトウェディングをするときのスケジュールとは

専門業者がお勧め


ハワイでフォトウェディングをするときのスケジュールについて悩む人もいるのではないでしょうか。
現地でのフォトウェディングは、新婚旅行や結婚式に合わせて実施する人が多いです。
その場合、業者を選定することから始めます。
結婚式と同時に行うのであれば、同じ業者にお願いすることが可能です。
旅行会社や挙式プランナーの会社でもフォトウェディングのプランがありますが、フォトウェディング専門業者にお願いすることをお勧めします。
現地の穴場スポットやマイナーな場所で撮影を依頼したい場合も、ハワイに特化した業者であれば対応してもらえるといったメリットがあります。
希望を伝えてみてはいかがでしょうか。 専門業者がお勧め

気をつけたいこと


業者の選定が終わったら、撮影スケジュールを相談するのが一般的です。
基本的には晴れの日が多いハワイですが、太陽の出やすい日程や時間帯を聞いておくとベストな環境で撮影ができます。
しかし、紫外線がとても強く、日焼けをしてしまうため注意が必要です。
バカンスを楽しんでから撮影を予定していると、真っ黒の素肌になってしまう可能性が高いため、到着後早々のスケジューリングにしておきましょう。
日焼け止めも忘れず持参しておくことも重要です。
現地の日焼け止めを購入するのも一つの方法ですが、肌に合わないことがあるため日本の日焼け止めを国内から持参するといいかもしれません。
新婦は日頃からメイク時に日焼け止めを塗っていることがあります、新郎の日焼けにも注意してください。
日本の日差しとは比較にならないほど紫外線が強い国であるため、油断していると肌がボロボロになったり、日焼けの後が目立ったまま撮影することになります。
日焼け止めを塗っても多少焼けてしまうため、序盤でのスケジューリングをしてみてはいかがでしょうか。

データ納品には時間がかかる


結婚式を日本に帰ってから行う場合や、そのままハワイで行う場合もあるでしょう。
その場合、すぐに撮影データを使おうと思っても手に入らないことが多いため、気をつけなければなりません。
最低でも1、2週間、長い場合は1ヵ月程度かかる業者もあるため、事前に相談しておきましょう。
対応が早く、相談に乗ってくれる会社もあるため、今後のプランを明確化したうえで連絡すると必要な時に間に合わなかったということを防ぐことができます。
また、申し込みが直前になると受付ができないケースがあるため、最低1ヵ月までに予約をしてください。
しかし、急な対応にも応えてくれることがあるため、一度連絡しましょう。
いずれにしても、最善のスケジュールを組むためには事前に綿密な打ち合わせをしておくことが重要です。
一生に一度のフォトウェディングを成功させるためにも、早めの予約と相談を実施することをお勧めします。

データ納品には時間がかかる