アメリカンホリデーズ

コラム

予約関連の注意点

予約関連の注意点


ハワイでのフォトウェディングで事前準備すべきことが7つあります。
1つ目は航空手続きと宿泊手配です。
多くのプランでは航空券や宿泊施設が設定されておらず、自身で各種予約をしておく必要があります。
ホテルを手配する際には、どの海で撮影して、宿泊施設からどの程度距離があるか確かめておくことが重要です。
2つ目は撮影前日までにハワイに到着しておく必要があるといった点が挙げられます。
一見普通のことのように感じますが、到着後すぐの予約は危険です。
なぜなら、機内トラブルなどで時間に遅れる可能性があるからです。
そのため、フォトウェディングの予約をする際は、必ず前日までに到着する便を選んでください。

専門業者がお勧め

用意しておくもの


3つ目は通常の旅行準備もしておくことです。
なかなか行くことができないハワイであるため、新婚旅行や結婚式を兼ねていくケースも多いでしょう。
存分に羽を伸ばして堪能するためにも、水着やサングラス、フォーマルな装いも用意しておくといいかもしれません。
また、現地のレストランではサンダルやスニーカーで入店できない店舗もあります。
スーツケースが重たくなりますが、比較的軽い革靴を忍ばせておくことをお勧めします。
4つ目は日焼け対策を徹底することです。
現地の紫外線は日本と比較にならないほど強いため、撮影当日までに日焼けした跡が残らないように気をつけてください。
また、日焼け止めグッズは販売されていますが、日本から持参しましょう。
自分の肌に合ったものを使わなければ、肌荒れを起こす可能性があるため、普段から使っているものを持参した方が安心です。
5つ目はネイルやブライダルインナーの購入までを計画しておくことです。
まず、ネイルの予約時期は、爪が伸びることを想定して出発直前に予約を入れるようにします。
しっかりと予約が取れるように、早めにネイリストに相談しておいてください。
また、ブライダルインナーは自分に合ったものを購入する必要があります。
しかし、受注から到着まで時間がかかることが多いため、余裕を持って採寸と注文をしておきましょう。

スムーズな撮影のために


6つ目は撮影時のイメージを伝えられるように事前準備しておくことです。
カメラマンはプロであるため、良い表情を引き出してくれますが、後々後悔が残らないようにしておくことが重要です。
本番になって慌てふためくことがないように、こだわりのあるポーズや撮りたいイメージを考えておきましょう。
7つ目はドレスの雰囲気を決めておくことです。
当日になって着たいドレスの雰囲気が固まっていないと衣装選びに時間を割いてしまいます。
また、妊婦やお子様がいる家庭の場合は、対応する衣装があるのかを確認しておきましょう。
このように、当日までの事前準備が非常に大切です。
一生に一度の素敵なフォトウェディングにするためにも、最善の準備をしておきましょう。

データ納品には時間がかかる