アメリカンホリデーズ

コラム

事前に知っておくべきこと

事前に知っておくべきこと


ハワイでフォトウェディングを行ったことがあるカップルの多くは、やって良かったと思っているはずです。
これから行おうか考えている人たちは何が良かったのか、ハワイに行ってまでも行うべきなのか迷うこともあるでしょう。
少しでも不安な気持ちをなくすために、ハワイのフォトウェディングで事前に知っておくべきことがあります。
知っていて良かったと思うことは、検討中のカップルは知識の一つとしていくつかのことを事前に知っておくことをおすすめします。
一つは、予約をするタイミングです。
ハワイに特化したフォトウェディング業者が様々あり、プランもそれぞれ異なりますが、予約が遅いと希望の日時で行えないことがあります。
渡航の準備もあるため、確実にチケットが取って予定を立ててから撮影の予約をしようとする人たちもいますが、繁忙期は2、3か月前でなければ希望が通らないことがあるのです。
雨季などベストシーズンがずれていれば1ヶ月前でも間に合うこともありますが、航空券は取れたけど撮影ができなかったということにならないように、早い段階で予約をしておくことをおすすめします。

専門業者がお勧め

いつに実施するのがおすすめ?


予約をする際に、日程の調整も重要になってきます。
旅行を兼ねて撮影をするカップルが多いですが、旅行を十分に楽しんでから帰国間近で撮影を依頼しようと思っている人もいるでしょう。
最終日の前日、2日前にお願いするのも一つですが、日焼けをして顔や身体の皮がむけてしまったり、Tシャツのラインがくっきりと分かるほど跡がついてしまう恐れがあります。
写真としてずっと残り続けるため、失敗しないように早い日程で依頼してみてはいかがでしょうか。
到着してから次の日にお願いをすると、雨天などで撮影ができない場合も帰国前に空いている日程があれば延期できるケースがあります。
業者によって異なりますが、思わぬトラブルが起きても対処できるように早めの日程で考えるのがおすすめです。

不備がないようにチェックしよう


持ち物や服装など必要なものについても事前にチェックしておきましょう。
業者によって必要なものが異なります。
新郎と新婦でも必要なアイテムが違うため、不備がないように準備が必要です。
特に女性は白のビスチェやブライダルインナーなど、自分で用意しなければならないことがあります。
レンタルができても自分のサイズに合わないものを身につけると、ドレスが綺麗に着こなすことができないため、日本で用意しておくと失敗しません。
タキシードを着る時には靴下が必要になる場合が多く、色が指定されているケースがあります。
衣装に合わせて黒もしくは白と決まっている時は、慌てて現地で調達することがないように持参しておきましょう。

データ納品には時間がかかる